前へ
次へ

何気ないいただきますという言葉の意味とは

食事をする前は「いただきます」、食べた後は「ごちそうさまでした」というのが日本人の習慣になっています。
近年ではそういった習慣も薄まってきているように思われますが、学校などで給食を食べる時にはみんなで「いただきます」と言うことが当たり前になっています。
この「いただきます」という言葉の語源は諸説あります。
しかし、以前に祖父の法事でお寺の住職が話してくれた語源が私にとっては一番しっくりくるものでした。
それは食事になることで犠牲となった食材の命に対する感謝を現すための言葉だというものです。
他にも食事を与えてくれた人や神に対する言葉という説もあるけれども私自身としては食材の命に対するものという解釈に強い感銘を受けました。
食材も元は生き物であり、私たちはその生き物を食べないと生きていけません。
その生き物の命をいただくわけですからきちんと食べる前に「いただきます」と感謝を伝えて、自分の命は生き物の犠牲の上に成り立っているんだということを自覚して食事をするべきだと思います。
確かに常にそういった考えを持つことは堅苦しいことなのかもしれませんが、毎日の当たり前の習慣の中でふと「生かされている」ということを振り返ってみるのも良いのではないでしょうか。

Page Top