前へ
次へ

規律正しい食事内容は体にとって大切

規律正しい食事内容とは栄養成分のバランスが良い食生活を、腹八分目を留意し1日につき3食取り入れる事といえます。
1日につき3食口に運ぶことは行動に必須のエネルギーや栄養成分をフォローするだけでなく、生活パターンを整備する点でも大事になってきます。
 体調を維持するためには食事摂取エネルギーと一日あたりの活動で使用される消費エネルギーの最適化になります。
消費エネルギーがあまりなく、摂取エネルギーがたくさんあれば、あり余ったエネルギーは体脂肪になります。
体に対してストックされ肥満が発症します。
それに加えて、摂取エネルギーがあまりなく、消費エネルギーが多いケースだとウェイトは少なくなっていきます。
健全な体重低下であれば構いませんが、食欲減退やバランスが取れない食事により摂取エネルギーが減った場合、栄養成分もしっかりと補えていないため、健康維持が困難になってきます。
それを受けて低栄養状態となって、寝たきり状態や要介護の可能性が高まります。

Page Top