前へ
次へ

ボルドー地方伝統焼き菓子卵黄活用の可愛いカヌレ

フランスボルドー地方に古くから伝わる伝統的なお菓子として、チューリップを連想させる形状のカヌレがあります。
カヌレ・ド・ボルドーは可愛い見た目の焼き菓子であり、ボルドー地方は昔から盛んなワイン造りが有名ですが、それに由来しているお菓子です。
ワインの澱を取り除く作業がワイン造りでは必要であり、その時に卵白を使うことになるので卵黄が余ります。
そのまま捨てるのは勿体ないですから、活用をしてお菓子作りに採用をしたのが伝統菓子のカヌレです。
たっぷりの砂糖がキャラメリゼされテイル表面ですから、食べる際の食感はカリッとしていますし、溢れです香ばしい香りが漂います。
カリッとした表面とは裏腹に、カヌレの中を口にすると食感はとてもしっとりです。
品の良い紅茶にも濃厚コーヒーにも合いますし、ボルド―菓子だけにワインにも合う、テイストはビターな仕上がりになっています。
フランスの定番の焼き菓子として知られるカヌレは、日本でも人気が高まっていますので専門店もあるくらいです。

Page Top