前へ
次へ

食事のあいさつに込められた意味を知る

ただ単に食レポしたり、フェアを開催するだけでなく、触れ合いから感謝まで、私たち消費者だって知る必要があります。
食品バイヤーいわく、牛・鶏・豚など、動物たちと触れ合う機会というのが多いそうです。
可愛い姿を取材で見ることにより、命あるものと捉えてしまい「食べられない」という感情が現れるようです。
ベテランとなれば、日本の食事のあいさつ「いただきます」を例にあげて新人をなだめています。
あいさつには、犠牲になった動物たちへの感謝の意味があるらしく、そのことを知ってほしい胸の内を話しています。
そのため、ありがたくいただきます、という食事のあいさつを必ずしているようです。
もちろん、農作物をつくる生産者、製造者への感謝も忘れてはなりません。
幼稚園や小学校においても、動物への感謝を授業で指導しています。
その際は、魚が題材とされるようで、釣る、捌く、食すという行程を一通り体験するため、小さな子供たちへのメンタル面を配慮する魚が使われているようです。

Page Top